更新日:2014.01.31

インテリアのカラーコーディネート術 内装材カラーの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インテリアコーディネーター , キッチンスペシャリスト , 照明コンサルタント ,  他

インテリアのカラーコーディネート術 内装材カラーの選び方

インテリアのカラー決めの中で、イメージしにくいことの一つに「ボリューム感」があります。出来上がっている家具などやインテリア小物などは、実物で確認できる部分もありますが、内装的な部分…例えば、床・壁・天井などの素材野色決めや大きな面積のカーテンなどは、まずは小さなサンプルブックから選びはじめるステップが多いです。

サンプルブックから何点か選び、メーカーさんや担当の方にサンプルブックより大きいサイズのサンプルを依頼します。通常「尺角(しゃっかく)サンプル」と呼ばれる約30センチ角のサイズですが、物やメーカーによりA4サイズほどの大きさの場合もあります。

理想としては、ショールームなどで、なるべく大きめのサイズで確認できるとイメージしやすいのですが、各ショールームでもアイテム数が多いため全部を展示しているわけでもありませんので、入手可能なサンプルにて検討を重ねていくことになります。
さて、ここで。サンプルブックで選んでいた時と少し大きくなったサンプルとでは…色はどのようになるでしょうか?

同じ?濃く見える?薄く見える?

正解は、「薄く見えます」。更には実際にもっと大きな面積で仕上がった場合には、そのサンプルよりも「薄く見えます(感じられます)」。勿論、実際の色の配合や品番には変わりがあるわけではないのですが、小さな面積の方が凝縮され色味が強く感じられるのと逆の作用だとイメージしてみてください。

では、それらを考慮して内装材の色を選ぶとしたら、どんなところに注意をした方がよいか?をお伝えいたします。

同じ色でも、色は面積が大きくなると薄く見えてきます(感じられます)。大きくなった時に、わりと色味を出したい場合は「小さなサンプルではワンランク濃い色」の方がしっかりと「色」を演出できます。(実際には面積や照明、周りの色の映り込みなど影響される他の要素もあります)

色マジック?!是非効果的に、お楽しみください。

コメント

コメントする
TOPに戻る