更新日:2014.01.31

インテリアのカラーコーディネート術 心地よい季節とカラー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インテリアコーディネーター , キッチンスペシャリスト , 照明コンサルタント ,  他

心地よいカラー

年末に向かい、寒さが一層に感じられるこの頃。前回のお話のように…暖かさを求めると暖色系のカラーに心惹かれるのではないでしょうか?

そうなんです!そんな風に、実は無意識に季節によって心惹かれてしまうカラーに違いが出てくるのです。それは例えば内装カラーの「打合せをしている時期」によって、正直「色選択にも影響が出ている!」とう傾向が、本当にあります。(鈴木体験談)

想像してみてください。夏のそう30℃を超える暑さをくぐりぬけ、クーラーの効いた涼しい部屋で壁紙のカラーを選ぶとします。床材や部材や好みなどからも選定していきますが、最終的に「同じような色合いの場合」仮に「白系」を選ぶ場合には、「涼しい系の白色」を選びたくなる(場合が多い)。逆に冬の日、外気は0℃にも近い寒い中をくぐりぬけ、温かいコーヒーを飲みながらのお打合せ、さて壁紙のカラーは?同じ「白系」なら夏とは違う「暖かめ系の白色」を選ぶ(場合が多い)のです。


色合いで整理するなら、
夏場は「涼しい系の色合い」。白ならば、グレーやブルー系の白色
冬場は「暖かい系の色合い」。白ならば、ベージュやアイボリー系の白色
を、「無意識に選択する」ということなのです。

実は、これは設備がからんだ場合でも出てくる傾向で、特に季節の寒暖に関わるアイテム
夏場に「床暖房を薦めても採用されにくい」
冬場に「床暖房を薦めると採用されやすい」
ということも、よくあります。

では、これらの傾向を住宅のカラー選びの際には、どのように対処したらいいのでしょうか?もちろん、住宅は年間を通じて過ごす場所なので基本的なベース部分には強い季節感が無い方がベター。そして、最終的な選定の際に「季節によって惹かれてしまう色の傾向がある!」ということを「意識して知っておく」ということで、少しでも季節の影響を軽減することもできます。もちろん、私たちインテリアコーディネーターは常に、全体を季節を設備を年間通じての快適さを目指しているので、迷った時はどんどん聞いてみてください。

色は無意識にも働きかけます。意識してコントロールすることで効果的にも作用します。心地よいカラー計画を積極的にお楽しみ下さい。

コメント

コメントする
TOPに戻る