更新日:2014.01.31

インテリアのカラーコーディネート術 カラーと気持ちの関係性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インテリアコーディネーター , キッチンスペシャリスト , 照明コンサルタント ,  他

カラーと気持ち

こんにちは。最近気になる色はありますか?お花屋さんで花を選ぶなら…何色の花束にしましょうか。時々、自分の中での「マイブーム・カラー」があったりしませんか?今回は、その「カラーと気持ち」についてのお話です。

前回は、例えば「椅子の色を選ぶ場合について」でした。実生活の中では、椅子だけでなく様々な場面において、「色を選ぶ」機会が実は結構多いものです。ファッションアイテムだけでなく携帯電話・システム手帳・文房具・マグカップ・スカーフなどなど…全体とのコーディネート性よりも個別な存在としていくつかの色の中から、「その色を」自分の気持ちから選んでいるのです。そんな時は、「色」そのものにフォーカスしていて、色が気持ちへも作用していたりもします。

カラーセラピーなどでは、それらからカウンセリングや発見へもつながるのですが、一般的な「色のイメージ」と「色と気持ちの作用」は、特別な固定概念だけではなく一般的感覚で感じていることに、おおむね近い。とも言えます。

仮に、「赤色」ばかりが気になり、身の回りに「赤色」が増えていたとします。赤色のイメージってどんなでしょう。
熱意・情熱・積極的・やる気・熱気・活動的・行動的・飛躍的・攻撃的…などなど「熱い動なイメージではありませんか?
では、「青色」ならばどんなでしょう。
冷静・沈着・消極的・鎮静・思慮深い・緻密・安定性・…などなど「冷たくて静的なイメージではありませんか?
ニュアンスの違いはありますが、多くの方々が感じる部分は近いものです。これらも動と静のどちらだと良いということではなくて、その色に惹かれている、気になっている。ということが気持ちであり、それは「今そうだから!」のこともあれば「そうなりたくて!」と、実は極端な気持ちの作用が存在しているのかもしれない。とも言えるのです。これらはもちろん赤や青以外のそれぞれのカラーにそれぞれのイメージとの共存もあるとも言えます。

普段、何げなく選んでいる「色」には、実は「何らかの気持ち」の表れでもある?!そんな部分だけでも伝わりましたでしょうか?他の色についてもまた続編にて。

コメント

コメントする
TOPに戻る